あなたにも出来る!!初心者(?)による超初心者のためのFX道場

偉そうに道場とかってタイトルつけちゃいました。初心者の目線から見たこれから始める方へのFX情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90%の損切りは必要のない損切りである?

ハロにちはー。れふいあです^^
電気グルーヴ好きです。

今回は大分前から引っ張っていた損切りの重要性について
書きたいと思います。

損切りが必要か否か。考え方は人それぞれであると思いますし
損切りしなくてもちゃんと勝ててると言う人に口をはさむ
つもりもないですが、私個人の意見としては損切りは
FXにおいて最も重要な事の1つであると思っています。

私が最近思うFXの3大重要事項
1.資金管理
2.自分のルールを守る
3.損切り

最近特にそう思いますし、先週の相場はまさに損切りの連続でした(泣)
先週の相場は結構荒れた部類に入るのではないでしょうか?
例えばドル円を見てみます。106円10銭位からスタートです。
私はそこでロングポジションをとりました。
その後レートはぐんぐん下がって行き103円80銭ほどまで下がります。
230pips程の下落です。私自身は104円位で損切りしました。
ところがそこからレートは一転して上昇し107円まで上がりました。
つまり、損切りしなければむしろ利益が出ていた事になります。
勿論、悔しく無いと言えば嘘になりますが、それでも私は損切りは
重要と思いますし、損切りした自分を誉めてあげます。

90%以上の損切りは必要のない、今回のように
含み損を耐えていれば戻ってくる損切りです。しかし、損切りをしなかった
場合、残りの10%未満の戻ってこない相場の時に大ダメージを
受けてしまいます。
私はFXを始めたばかりの頃、取り敢えずある程度下がったと思う所で
買いで入り、損切りせずに下がった場合は耐えて利益が出たら決済
をくりかえしていました。前述の通り90%以上相場は戻ってくるので、
最初はかなり利益が出ました。「なんだFXって簡単じゃ~ん」
「俺って天才なんじゃね?」
「どうやったら負けられるの?」って・・・馬鹿ですねえ。
そしてあの2007年8月17日の相場で強制ロスカットを食らいました(泣)
今までの利益を吹き飛ばす所か今までコツコツ貯めた
貯金も減ってしまいました。でも私はFXをまだ始めたばかりの
時にそんな損切りの重要性を身をもって体験できた事は
ラッキーだと思っています。もっとFXで稼いだ後にそれを根こそぎ
持っていかれたら立ち直れなかったかもしれません


トレードをしていくうちに損切りもするでしょう。損切りしたとたん逆方向に
レートが行く事も多々あります。そのうち「損切りしない方がいいんじゃ
ないか?」なんて思う事もあると思います。
そんな時の為に予め”90%以上の損切りは必要ない
損切りである。が損切りはそれでも必要なのである。

と覚えていて欲しいのです。
実際に体験しなければわからない事かもしれませんが、出来れば皆さんに
あんな思いはしてほしくないと思っています。

例えば先週の相場で私が損切りのルールを守らずに損切りせずに利益を
出したとしても、そこで得た90pipsよりも
ルールを守って出た損失-200pipsの方が私は価値があると思いますし、
実際、今後ルールを守ることの方が利益を生み出すと考えています

勿論悔しい気持ちもあります。私も修行中です。

あ、あと誤解しないでほしいのは、今回は中期や短期のトレードに於いてです。
スワップ狙いの長期トレードにおいては損切りは考えないものかもしれません。
おそらくレバ3倍とかでやる物だと思いますし。
SWAP運用は未経験なんでなんとも言えませんが・・・

今度からは準備が出来次第、業者さんの紹介とかFX以外の情報も書いていく
つもりです。


応援も宜しくお願い致します。ポチっと→→→→ 
スポンサーサイト

  • コメント:14
  • トラックバック:0

レンジ相場とトレンド相場

ハッピーバースデー!れふいあです^^本日はわたくし誕生日でありました。
年はとりたくないですね!?

今回はレンジ相場とトレンド相場について解説しておきます。

簡単に言うと(難しく言うほどの知識もないですが^^;)トレンドには
上昇トレンドと下降トレンドがありまして、その名の通り上に向かっている
相場と下に向かっている相場と言う事になります。

そしてレンジ相場とはどちらにもトレンドが発生していない状態、
つまり、ノントレンドですね。レートはある程度上に行っては下に行き
高値、安値をそれほど派手に更新する事なく上下に振れていきます。

一般的に相場の全体の70%がレンジ相場、30%がトレンド相場と
言われています。

今が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかレンジなのか、レンジだとしたら
トレンドの発生するのは何時なのか?それを見極めるのが、かなり重要
なんですがかなり難しいんですよね^^;まあ、それが簡単に解ったら
誰でも億万長者になれるわけです。

前回の記事の指値でカウンタートレンドを狙う場合はレンジ相場が有効と
言う事になります。レンジのつもりでカウンターで入ったらそのままトレンド
発生であっという間に損切りなんて事も・・・^^;

次回こそは損切りの重要性について書こうと思います。


応援も宜しくお願い致します。ポチっと→→→→ 

  • コメント:0
  • トラックバック:0

トレンドフォローとカウンタートレンド

こんばんわんこです。れふいあです^^

今回は予定通りにトレンドフォローとカウンタートレンドについてです。

今まで基本用語や注文の種類について触れてきました。ではいつポジションを
取ればいいのか?まあ、それがわかれば苦労しないのですけどね^^;

前回、前々回の記事で逆指値と言う注文方法を説明いたしました。
「今より不利なレートで注文を入れる。」と説明しました。
現在のレートが110円50銭で110円80銭に買い注文を入れる
私は初めて逆指値の説明を訊いた時、意味が解りませんでした。
「??。なんでわざわざ今より高い値段で買う必要があるのか??」
と思いました。
それがつまりトレンドフォロー(順張り)です。
トレンドフォローでは下がっているチャートが上がっている時に買います。
つまりトレンドについて行く形になります。
110円50銭で買いを入れてもそれが下がっている最中(下降トレンド)であれば、
何処まで下がるか解りません。なので下降トレンドが終わって上昇トレンドになったの
を確認して入るのがトレンドフォローであり、それを狙ったのが逆指値と言う訳です。
「頭と尻尾はくれてやれ」というやつですね^^

それに対して頭を狙いに行くのがカウンタートレンド(逆張り)です。
下げトレンドの最中に「ここが底だ!!」と買いに入るのがカウンタートレンドで、
頭を狙いに行くので成功すれば大きいですが、当然トレンドフォローより難しく
失敗する確率が高いと思います。

ちなみに私は最初の頃は何も分からないのに「そろそろ下げ止まりかな?」って
感じで買っていました^^;これは1時的には成功するかもしれませんが
あまりおススメ出来ません。

次回レンジ相場とトレンド相場でお会いします。

応援も宜しくお願い致します。ポチっと→→→→ 





  • コメント:0
  • トラックバック:0

その前に用語解説 其の3 後編 注文種類

ナマステ。れふいあです^^

前回の続きで注文種類ですね。お次は

OCO(オーシーオー)・・・・OCOは指値と逆指値を同時注文し片方が約定したら
                片方は自動で取り消される注文方法です。
                例)現在の米ドル円のレートが110円50銭で
                110円20銭に指値の買い注文、110円80銭に
                逆指値の買い注文を入れておきます。
                又は、110円20銭に指値の買い注文、
                110円80銭に指値の売り注文を入れておく
                事も可能です。しかし基本的な使い方としては
                新規よりも、決済注文に使う事が多いと思います。
                例)成り行きで約定した110円50銭の買いポジション
                に対して利益確定(リミット)注文の指値111円00銭と
                損切り(ストップ)注文の逆指値110円00銭の2つの
                注文を入れる。

IFDO(イフダンオーシーオー)・・・・・IFDOはその名の通りIFDとOCOを
                     足したような注文で
                     例)現在の米ドル円のレートが110円50銭で
                     110円20銭に指値の買い注文を出しておき
                     約定した場合のために110円20銭の
                     ポジションに対する指値110円50銭の利確
                     注文と逆指値109円90銭の損切り注文を
                     出しておく。   
                     こんな感じですね。結構使える注文法と
                     思います。

私の知っている注文方法は以上です。他にもあるのかは知りませんが^^;
また、次回はトレンドフォローとカウンタートレンドについて書こうと思います。

                
応援も宜しくお願い致します。ポチっと→→→→ 



  • コメント:0
  • トラックバック:0

その前に用語解説 其の3 前編 スリッページと注文種類

どうもです。れふいあです^^

今日はスリッページと基本的な注文の種類について
書こうと思います。

スリッページとは注文を出したレートと実際に約定したレートの
差で御座いますね。私はそう認識してます。

100円15銭の時に注文を入れても注文が約定するまで1秒くらいかかったり、
業者やレートの状況によりもっとかかる場合があります。

その注文を入れてから約定するまでのレートのずれがスリッページの
正体です。

では、注文の種類はいくつあるのでしょうか?

成り行き(なりゆき)・・・・リアルタイムのレートに注文を入れます。
               「今のレートで参加します」と言う事です。

指値(さしね)・・・・今のレートより有利なレートでの注文を行います。
          例)現在の米ドル円のレートが110円50銭で
          「110円20銭まで落ちたら買おう」と110円20銭に指値注文を
          入れておくわけです。
          新規注文だけでなく決済でも同じように使います。
          主に利益確定(リミット)ですね。

逆指値(ぎゃくさしね)・・・今のレートより不利なレートでの注文を行います。
               例)現在の米ドル円のレートが110円50銭で
               「110円80銭まで上がってから買おう」と110円80銭に逆指値注文を
               入れておくわけです。
               新規注文だけでなく決済でも同じように使います。
               主に損切り(ストップロス又はストップ)ですね。

IFD(イフダン)・・・・新規注文とその注文が約定した場合の決済注文をひとつ注文します。
            例)現在の米ドル円のレートが110円50銭で
            「110円20銭まで落ちたら買おう」と110円20銭に新規注文を
            入れ(その際も指値OR逆指値を選びます。この例では有利なレート
            なので指値ですね。)そのポジションが「110円00銭になったら損切
            りしよう」と逆指値の注文も同時に入れておくわけです。
            逆に指値でリミットを注文しておくこともできます。

では、長くなったのでまた次回に続こうと思います。



応援も宜しくお願い致します。ポチっと→→→→ 





  • コメント:0
  • トラックバック:0

その前に用語解説 其の2

お疲れ様です。れふいあです。

予定通り、損切りの重要性はまたもったいぶって
用語解説を幾つか。

まず前回の記事を書いていて不便に思っていたことから・・

前回「3銭動いた」「6銭動いたら」と書きましたが、
大抵~銭ではなく、~pips(ピプス)と言います。
今、思ったんですけど理由としては~銭と言う言い方では
クロス円以外の通貨ペアではおかしいからでしょうか?
まあ、理由は対して問題ではないです。pipsと言います。

クロス円とはUSD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPYとか
日本円の通貨ペアです。

EUR/USDとかGBP/USDとかは違います。少し短いですけど本日はもう限界
ぽいです。また次回続きを。

応援も宜しくお願い致します。ポチっと→→→→ 



  • コメント:0
  • トラックバック:0

スプレッドとは?

ハローです。れふいあです。
損切りの重要性を語る予定だったのですが、メールをもらったので
スプレッドについて書こうと思います。

スプレッドとは一言でいえば手数料ですね。買値と売値の差ですね。
私も初めてFX口座にログインした時
「Askって?Bidって?」「なんでドル円の値段が二つかいてあるの?」と
思ったものです^^
Askは買値です。買いから入る場合はAskの値段で買う訳です。
スプレッドが5銭の業者で、ドル円のAskが100円15銭の時、
Bidは100円10銭になるのです。
ドル円100円15銭で買いで入った場合、決済はBidの100円10銭になるので、
例えば3銭上がってもBidは100円13銭なので-2銭になります。
つまりスプレッドが5銭の場合は6銭上に動いて初めて利益が出るのです。

売りで入る場合はその反対です。Bid値でポジションを持ち、Askで決済するので、
6銭下に動いて初めて利益が出ます。そのスプレッドが業者さんの売上?になるんですね?

まあでも今のご時世は各業者さんもスプレッドやいろんな条件を
改編していて、スプレッドも
かなり狭くなって来てます。米ドルスプレッド1銭が当たり前になりつつありますね^^

でもやはり、大切なお金を預けるのですから信用できる業者がいいから、スプレッドが
高くても信用のおける業者にする人もいたり、様々ですね。

まあ、私は低コスト業者派です^^;

次回はまた損切りの重要性の前に違う物を書くかもしれません^^



  • コメント:0
  • トラックバック:0

その前に用語解説。

あにょはせよ^^ れふいあです。

今回は損切りの重要性について書く予定でしたが、
その前に今まで記事を書いてきて、初心者の方にも解り易い様に
今までの記事で出てきていない用語は使うのを避けるようにしてきた結果
非常に不便に感じる事があったので書いておこうと思いました。

取り敢えず書いておきたいのが、今まで「1万ドル買う」と表現してきた部分です。
本来は1万ドル買うとは言わずに「1枚ロングする」「1枚買いポジを建てる」とか言います。
「1万通貨ロング」や「1万通貨買いで入る」も同じ意味です。
ちなみに僕は「1万通貨買いで入る」と言っていると思います。「買う」と「買いで入る」
は僕は同じ意味で使ってきましたが、ずいぶん違う気がします。

売りから入る事は”ショート”と言います。「1枚ショートする」「1枚ショートポジを建てる」
とかそんな感じです。

ちなみ「ポジを建てる」とは「ポジションを建てる」の略で、”買い”で入る場合でも”売り”で
入る場合でも取引をするために通貨ペアを持つことを「ポジションを建てる」と言い
持っている通貨ペアの事を「ポジション」というわけです。

説明も難しいですね^^;私自身最初の頃「ポジションて??」て感じだったんで
説明させて頂きましたがそんなところで躓くのも私くらいでしょうかね^^

では、次回は損切りの重要性について語らせてもらう予定でおります。

応援も宜しくお願い致します。ポチっと→→→→ 


  • コメント:0
  • トラックバック:0

検索フォーム

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。